紙幣と人形

リスクを完全に回避したいならみんなで大家さんがベスト

「民泊」制度を円滑に運営

ウーマン

煩雑な業務全般は委託可能

airbnb(エアビーアンドビー)とは、空き家や空室を貸したい人と旅行などで宿泊施設を借りたい人を、インターネットを介して結びつけるシステムです。2008年にサンフランシスコでスタートしたサービスですが、いまや世界各国で幅広く利用されています。物件のオーナーは、短期間で借り手が入れ替わるため、効率よくレンタル料を得ることができます。宿泊者にとっては、ホテル等よりもリーズナブルなうえに、現地の人たちとのコミュニケーションが楽しめる点もメリットです。日本でも「民泊」という制度が定着しつつあり、外国人観光客の利用も増加しています。今後も大きなニーズが期待できるとあって、空きスペースの活用を検討されている方も多いことでしょう。とはいえ、airbnbはソーシャルサービスの一種であるため、事前の情報交換や交渉はホストとゲストとの間で直接行われるのが基本です。海外の利用者であれば、言語や習慣の違いも頭に入れておく必要があります。そこで注目されているのが、airbnbの運営に関わる業務を代行してくれる会社です。代行会社と契約することで、オーナーの負担を大幅に削減することが可能となります。

委託業務の見極めが重要

airbnbにホストとして登録し、ゲストを迎え入れるまでには、さまざまな準備や作業が必要です。予約の確認や事前交渉にはじまり、宿泊当日の出迎え、施設の説明、鍵の管理、清掃など、多岐に渡ります。しかし、業務の全般を代行会社に委託すれば、オーナーは宿泊用の物件を用意するだけで、スムーズにサービスを運営することが可能です。ただし、こうした環境にあっても、オーナーはゲストや宿泊施設の状況には目配りをする責任があるといえます。最近、話題となるのがマンションなどの集合住宅を提供するケースで、宿泊者の行動が近隣住民に迷惑をかけてしまう事態です。これは、ゲストとのコミュニケーション不足が原因ですので、オーナーまたは代行会社が留意しなくてはなりません。なかには、キーボックスで鍵をやり取りするだけで、ゲストとまったく接することのない代行会社もあります。会社の実態や請負業務をよく確認したうえでの、信頼できる会社の選択が重要なポイントです。airbnbは、効率のよい収益が見込める画期的な手法です。オーナーはもちろん、ゲストにも満足感を与え、地域社会にも受け入れられることで、さらなる拡大が期待されます。